ブログタイトル

【白河市・西郷村】屋根塗装・外壁塗装のサイン(南郷)

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

皆様こんにちは!

昨日は久々に家で晩酌でした。茜霧島を水割りで♪ ロックがおいしいんですけどね。水割りで程よく酔っ払いました。

 

さて、本日は塗膜の撥水効果についてご紹介いたします。

 

私たちプロタイムズ白河店では、お見積提出前に、現場調査を行います。現場調査で塗装が必要なのかどうか、塗装以外の下地補修が必要かどうか、塗装する場合にはどんな塗料が適しているのか、等を確認いたします。

その際によく防水試験を行い、水を撥水しているかを確認いたします。防水試験とは、霧吹きに水をいれ、屋根や外壁に吹き掛けるものです

DSCF4954 DSCF6916

新築時から約10年以上経過しているお住まいでは、写真のように、吹きかけられた水がじわじわと吸収されてしまいます。これは表面の塗膜が劣化しているサインです。通常の雨もこのように建物内部にしみこんでいますので、塗装によるメンテナンスの必要があります。

 

では、防水性のある状態とはどのような状態なのでしょうか。よく例としてあげられるのが、車の撥水です。車にワックスをかけると、水を撥水しますよね。それと同じイメージです。

DSCF8032 DSCF8031

写真は、雨の日に塗装後の屋根を撮影したものです。このように、しっかり水をはじいています。これなら家の中に水が入らず、雨漏りの心配もありません。また、塗装した後は屋根が大変滑りやすくなっていますので、雨等で濡れた屋根には上らないようにしてください。

 

本日は屋根・外壁の防水性についてご説明いたしました。

塗装が必要かどうかよくわからない、という皆様は、ぜひ防水試験を試して見てください。水をじわじわ吸収しているかもしれません。

 

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

https://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織